2019年冬ドラマキャスト

ドラマ 僕の初恋をキミに捧ぐ(種田繭役)は桜井日奈子さん。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」は累計発行部数800万部を超えている青木琴美さんの名作漫画です。

そんな人気の漫画を原作としたドラマの主人公を演じるのが桜井日奈子さんです。

桜井 日奈子(さくらい ひなこ)
愛称 岡山の奇跡
生年月日 1997年4月2日
出身地 岡山県岡山市
血液型 O型
身長 160 cm

桜井日奈子さんは岡山県岡山市出身の1997年4月2日生まれの21歳。

幼稚園の頃からバスケットボールを続けていてスポーツ万能の桜井日奈子さんは、学業においても成績優秀だったそうです。

2014年に開催された「岡山美少女・美人コンテスト」において、美少女グランプリを獲得したことで芸能界デビューを果たします。

実はグランプリ受賞前から地元の岡山県のフリーマガジン「岡山美少女図鑑」のモデルとして活動していたそうです。

桜井日奈子さんは「岡山の奇跡」と言われるほどの美少女で、SNSなどでも話題になりました。

2015年に「LINE MUSIC」「大東建託」などのCM、広告へ起用されるようになり、一気に注目を集めました。

2016年には演劇「それいゆ」で初舞台デビュー、さらにドラマでは「そして、誰もいなくなった」で初の連続テレビドラマに出演しています。

またドラマや演劇だけではなく、映画への出演作も話題となっています。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」と同じように人気コミックが映画化した「ママレード・ボーイ」でも主演を務めており、ティーンを中心に爆発的な人気を獲得しました。
そのほか「ういらぶ」のヒロイン役などの人気作品にも出演しています。

可愛い、美しいと話題の桜井日奈子さんですが、実は歌唱力も高いと評判で、CMで披露したその歌声に魅了された人も多いはずです。

2019年冬ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の種田繭役はどんな役?


ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の種田繭(たねだまゆ)は、小さいころから心臓病で入院をしている逞(たくま)の主治医の娘です。

病院で入院している逞(たくま)のそばにいつも寄り添う同じ年の種田繭(たねだまゆ)は、逞(たくま)と20歳になったら結婚しようと、結婚の約束を交わします。

しかし重い心臓病を患っている逞(たくま)は20歳までしか生きられないのです。

そんな未来の約束をした2人が再び7年後、15歳になった時に出会ってしまいます。

種田繭(たねだまゆ)は逞(たくま)が20歳までしか生きられないと知ってから、一途に逞(たくま)の病気を治す方法を探していきます。

交わした約束を一途に守ろと、まっすぐに生きる健気な女性で、最後まであきらめない努力家です。

逞(たくま)を追いかけて猛勉強し、同じ進学校に入学。両親は仕事が忙しく、家では1人でいることが多いです。

2019年冬ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演する桜井日奈子さんの演技評価は?

「ママレード・ボーイ」や「ういらぶ」などの人気話題作に数多く出演している桜井日奈子さんはネット上での演技評価が非常に高いです。

目力があり、魅力的な彼女の自然な演技は、見る人を魅了します。

桜井日奈子さんはまだそれほどの芸歴がないにも関わらず、演技力はどんどん向上しているようです。

特に涙を流す演技に定評があり、多くの女性が桜井日奈子さんの演技を見て、感情移入してしまうそう。

涙を流してしまう女性も多いみたいです。

出演作が増えることで、今後さらに桜井日奈子さんの演技力が高まることが予想されますので、楽しみです。

特に漫画が原作の映画などに数多く出演しており、恋愛系の役柄がはまりやすいです。

桜井日奈子さんが演じる「僕の初恋をキミに捧ぐ」の種田繭(たねだまゆ)に期待しましょう。

桜井日奈子さんのSNS情報

桜井日奈子さんの出演情報

テレビドラマ

そして、誰もいなくなった – 君家砂央里 役
THE LAST COP/ラストコップ – 三島菜々子 役
もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 第3話 – 小岩井冨美代 役
僕の初恋をキミに捧ぐ- 種田繭 役

映画

ラストコップ THE MOVIE – 三島菜々子 役
ママレード・ボーイ – 主演・小石川光希 役
ういらぶ。 – ヒロイン・春名優羽 役
殺さない彼と死なない彼女 – 主演・鹿野なな 役

桜井日奈子さんの公式情報

桜井日奈子 公式ブログ Powered by LINE
桜井日奈子(@hinako_incent)さん | Twitter
桜井日奈子 Official Fanclub
INCENT GROUP Official Site