2019年冬ドラマキャスト

日曜劇場ドラマ「グッドワイフ」キャストまとめ

ドラマ「グッドワイフ」キャスト

常盤貴子さんが、19年ぶりに日曜劇場主演のドラマグッドワイフです。

元々、アメリカでは、「グッド・ワイフ 彼女の評決」というタイトルで7年間も放送されたぐらい大人気のドラマです。製作総指揮は、エイリアンで有名なリドリー・スコット。リーガルものの法廷ドラマですが政治と家庭を描いて共感を読んだドラマです。ロシアでも日本と同様にリメイク版がスタートするようですね。

韓国でもドラマ化されていて、アメリカ版と韓国版では流れや結末などアレンジされて違うものになっています。

日本のドラマ「グッドワイフでも、基本のストーリーは同じで、スキャンダルで逮捕された夫を助けるために16年ぶりに弁護士に復帰する妻という流れで始まります。

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。 専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。 だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。 法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。
あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『グッドワイフ』

日曜劇場ドラマ「グッドワイフ」キャスト

蓮見 杏子(常盤貴子)

息子と娘いる。夫が逮捕されて16年ぶりに弁護士に復帰。しかし、16年のブランクに悪戦苦闘するが自分の信念と自分の弱みをうまく使って乗り越える。

今回演じる杏子の役柄について 普通の主婦だった女性が弁護士に復帰する事になるのですが、(私が演じる杏子は) 本当に普通の主婦だと思うんです。 でもだからこそ、子どもたちを守るという母親としての想いや、夫を支えるという想い、そういうものも普通に兼ね備えているし、特別変わった事をするような弁護士ではないと思っています。
はじめに|TBSテレビ:日曜劇場『グッドワイフ』

多田 征大(小泉孝太郎)

神山多田法律事務所の代表。蓮見京子を好きな弁護士。クールで仕事もできる敏腕弁護士

神山 佳恵(賀来千香子)

神山多田法律事務所の共同代表。仕事ができるやり手の弁護士。蓮見京子には厳しくあたる。

円香 みちる(水原希子)

情報通なパラリーガル。蓮見京子を敵視している。

朝飛 光太郎(北村匠海)

仮採用の弁護士。愛されキャラだが、弁護士本採用の枠を気にしている。

蓮見 壮一郎(唐沢寿明)

蓮見京子の夫。汚職で逮捕されて、女性スキャンダルも報道されてしまう。汚職は否認。

脇坂 博道(吉田鋼太郎)

蓮見壮一郎の代わりに特捜部長になり、出世のため事件を暴くことに積極的

佐々木 達也(滝藤賢一)

元々蓮見壮一郎の部下だったが、今は東京地検特捜部長、脇坂の部下。命令で蓮見壮一郎を尋問する。

遠山 亜紀(相武紗季)

登場人物の誰もがそれぞれの思惑をもっているので、亜紀がそこにどう絡んでいくのか、観る人の気持ちをザワつかせ、楽しんでいただけるように演じたいと思います。

小宮 竹生(野間口 徹)

戸梶 涼太(中林大樹)

佐竹 凛子(末永みゆ)

蓮見 隼人(小林喜日)

蓮見 綾香(安藤美優)

蓮見 幸枝(高林由紀子)

林 幹夫(博多華丸)

制作スタッフ

プロデュースは、『花より男子』、『華麗なる一族』などのヒット作品を作った瀬戸口克陽さんと東仲恵吾さん。瀬戸口さんは、リーガルもののドラマもヒットさせていますね。

脚本の「篠崎絵里子」さんは、TBSテレビ「Tomorrow~陽はまたのぼる~」では第17回橋田賞を受賞しています。クロサギや胡桃の部屋、紙の月など社会派ドラマも得意です。

グッドワイフSNSの評判

ドラマ「グッドワイフ」公式情報

日曜劇場『グッドワイフ』|TBSテレビ