2019年冬ドラマ

2019年冬ドラマ「はじこい」の由利 匡平役は横浜流星さん|初めて恋をした日に読む話

横浜流星(よこはまりゅうせい)さんは、神奈川県出身の1996年9月16日生まれの22歳。

芸名のような名前ですが、実はこれは本名だそう。素敵な名前ですよね。

横浜 流星(よこはま りゅうせい)
本名 横浜 流星
生年月日 1996年9月16日
出身地 神奈川県横浜市
身長 174 cm
血液型 O型

横浜流星さんは俳優、モデル、歌手としてマルチに活動しています。

小学6年生の時に原宿でスカウトされ芸能界に入り、EBiDANと呼ばれるグループに所属。その後、小学生向けのファッション雑誌である「ニコ☆プチ」でメンズモデルを務め、ニコラでもメンズモデルとして活動。

2011年に「仮面ライダーフォーゼ」で初のドラマ出演をはたして、2013年には「リアル鬼ごっこTHE ORIGIN」にレギュラーで登場しています。「列車戦隊トッキュウジャー」、「JKは雪女」、映画「オオカミ少女と黒王子」などにも出演しています。

プライベートでは極真空手が初段の腕前。中学3年生の時には世界大会で優勝した経験もあります。菅田将暉さん主演の映画「キセキ‐あの日のソビト‐」では、共演者の菅田将暉さんや成田凌さんらとCDデビューも果たしています。
歌唱力にも定評があり、マルチな才能を発揮してくれていますよ。

2019年冬ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の由利 匡平役はどんな役?

横浜流星さん演じる由利 匡平(ゆり・きょうへい)は高校生であり、深田恭子さん演じる主人公、春見順子の塾の生徒役になります。昭和気質な厳格な父親の存在が大きく、厳格な父親への反抗心を抱いています。親への反抗心から由利 匡平は髪の毛をピンク色に染めるなど、自分の意思表示をするのです。また由利 匡平は超がつくほどのバカ高校の不良学生ではあるものの、実は根は真面目で素直な性格です。ひょんなことから東大受験を目指すことになります。

ちなみに原作は、クッキーという月刊誌の持田あきさんの漫画です。

超がつくほどのバカ高校の不良学生ではあるものの、実は根は真面目で素直な性格。東大受験を目指すことになる話ですが、チャラい感じの演技が楽しみですね。

今回のドラマの宣伝では、深キョンがタイトルを間違えてしまって横浜流星さんと中村倫也さんから慰められてました(笑

2019年冬ドラマ「初めて恋をした日に読む話」に出演する横浜流星さんの演技評価は?

横浜流星さんは2018年公開の映画「兄友」「虹色デイズ」に主演、さらには野島伸司さん脚本の「彼氏をローンで買いました」などの人気ドラマにも数多く出演。

気になる演技力ですが、ネット上の評判を見てみると、「演技がうまい」「自然に役に入り込んでいる」などの高い評価をしている人が多いです。

数々の映画やドラム、舞台などに出演している横浜流星さんは、年々演技力に磨きがかかっているようです。

また、演技とは別ですが、歌手としても活躍しています

プロデュースはGReeeeNのJINさんで、ラブソングですね。

横浜流星さんが初めて買ったCDがGReeeeNの「塩、コショウ」ということで、そのあたりも考えてのキャスティングだったようです。

綺麗な歌声も評判が高く、男性の検索ランキングで1位を獲得するほど。

QLAP!1月号(12月15日)でも恋愛観のコメントがあったのでそのあたりも見てみると良いと思います!

横浜流星さんの公式情報

横浜流星オフィシャルブログ「shooting star」Powered by Ameba
STARDUST – スターダストプロモーション制作2部 – 横浜流星のプロフィール
横浜流星さん(@ryuseiyokohama_official) • Instagram写真と動画
横浜流星- UNIVERSAL MUSIC JAPAN
横浜流星 Staff(音楽公式)(@ryusei_staff_mu)さん | Twitter