2019年冬ドラマキャスト

ドラマ「家売るオンナの逆襲」元宝塚の真飛聖さん出演。ヅカファンの北川景子も大喜び?

真飛聖さんといえば、宝塚歌劇団で星組、花組のトップスターに上り詰めたほど。

現在は、宝塚を退団し芸能活動をメインにしていますが、見た目も美貌も宝塚時代と変わらず素敵ですね。

宝塚では、真飛聖さんほどの男役はいない!と言われるほど人気も高かったです。

真飛 聖(まとぶ せい)
本名:山下裕子
愛称:ゆう
生年月日 1976年10月13日
出生地 神奈川県川崎市
血液型 B型

真飛聖さんのドラマ出演歴

ドラマ出演は、そこまで多くはありません。

ドラマ相棒でも甲斐享(カイト)を演じる成宮寛貴さんの彼女役として出演。

実は、宝塚の舞台「相棒」(2009年)でも右京さんの役を演じていました。相棒に出演していたのもそういった繋がりがあるのかもしれませんね。

2018年のドラマ、映画出演を見てみると、

ドラマ

木曜劇場 隣の家族は青く見える – 小宮山深雪 役
未解決の女 警視庁文書捜査官 第4話 – 藤田里美 役
ドラマスペシャル 指定弁護士 – 斎藤里美 役
僕の初恋をキミに捧ぐ 

映画

娼年
走れ!T校バスケット部 – 田所佳代 役

に出演しています。

真飛聖さんの場合、存在感があって目立つだけあって、主演以外だとオファーしにくいのかなとも思います。

ドラマ「家売るオンナの逆襲」に三郷楓役で出演

家売るオンナの逆襲 6話から真飛聖さんのゲスト出演が決定。

屋代課長(仲村トオル)に好意を持つ三郷楓役になります。

そして、屋代課長もスーパーで働く三郷楓を好きになってしまうという展開(笑

三軒家万智(北川景子)がここにどう絡んでくるのか?そこが見どころです。

そんな中、万智の夫・屋代課長(仲村トオル)にも不倫疑惑の予感が…。連日仕事で帰りが遅い妻との夫婦関係に悩む屋代は、行きつけのスーパーで働く、色っぽくて優しい三郷楓(真飛)を、ある偶然から意識するようになってしまう。 屋代に好意を持っているかのように振る舞い、翻弄(ほんろう)する楓。 屋代は楓を好きになってしまうのか。仲村トオルを翻弄する“妖艶なオンナ役”に真飛聖

ちなみに、北川景子さんは、ブログでも宝塚への熱い思いを語るほどの大ファン(元花組トップスターの蘭寿とむさんの大ファン)

しかもヅカファンが認める宝塚の生粋のファンなので真飛さんとの共演はかなり喜んでいるんじゃないでしょうか。

真飛聖さんと北川景子さんが並ぶ姿が楽しみですね!

元花組トップスター真飛聖さんの多才な顔芸

さんま御殿で真飛聖さんが出演して、ねずみ顔を披露したことがありますw

宝塚は規律正しいイメージがありましたが、演じる才能を持っているのでコメディ路線でもいけそうに感じました(笑

実際、真飛聖さん本人も「今後はコントができる女優になりたい」とコメントしていましたし、宝塚時代には三枚目役も多くてコメディの演技も評価が高いです。

家売るオンナの逆襲は、コメディ・ドラマですし、北川景子のロボット的な役と相性が良いと思います。

真飛聖さんの宝塚時代のお給料

具体的な給料については、すみれコードという規範があるのでわかりません。

すみれコードとは?
劇団の品格を損ない、また観客の「夢」を壊すような内容は、劇団・劇団員から公表されることはなく、ファンも求めないという暗黙の規範。
宝塚歌劇団 – Wikipedia

ただ、よく言われているのが、最初の7年間は歌劇団の生徒としてスタート。研修生なので17万前後という話です。(※かつらや靴などは自前)

7年が過ぎてやっと舞台女優として契約。ただし、ここからプロ野球選手のようになるので月給というのはなくなります。

舞台での人気によって報酬も契約更新されていくというわけですね。

以前、真飛聖さんはTV出演したとき給料を「みなさんが思ってるよりは少ない」「億超えの人はいない」といってましたが、トップスターになると年収1000万超えぐらいといわれています。大地真央さんぐらいになると億超えと言われていますが真相はわかりませんね。

もちろん、お茶会やディナーショーなどもあってファンの方から一口千円などもらう事もあるので、そういった収入も合わせれば、1500万ぐらいはいくのではないでしょうか。

ちなみに、真飛聖は、まだ結婚していません。

良いお相手がいれば結婚したいと言っていましたが、やはり宝塚出身の女優さんと結婚する男性となると、中々理想の相手を見つけるのが大変なのかなと(´・ω・`)