メゾンドポリス

ドラマ「メゾンドポリス」3話 橋本マナミの犯人臭と牧野ひよりの過去

牧野ひよりのお父さんの真相

メゾンドポリス3話は、主人公、牧野ひより(高畑充希)のお父さんが作業現場で転落死してしまったが、

実は真相は他にあったのでは?という臭う展開も盛り込まれていました。

また、伊達(近藤正臣)さんは、それを知って、牧野をメゾンドポリスに呼んだという事も明らかに。

最終回までには、ひよりのお父さんが亡くなってしまった真相を突き止める回がありそうですね。

ひよりの気性からして、暴走して一人で事件の真相を暴いて犯人か捏造した人物を捕まえようとするが、逆に捕まってしまうみたいなパターンが見えます(笑

コーヒーのフラグ回収

夏目惣一郎がコーヒを自分の分だけ買ってきてひよりが文句を言うシーンのフラグ回収は早かったですね。

最後に、夏目が買っておいたコーヒーをひよりに渡すシーン良かったです♪

橋本マナミの犯人臭

橋本マナミが序盤から登場しました。

青い猫事件という猫を殺害していた犯人さがしと、

現場で亡くなっていた作業員の犯人さがしをするというもの。

橋本マナミは、いかにも犯人か?という臭いを醸し出していましたが、最後まで実はただのメゾンドポリスにきた記者でしたというオチ。

そして、犯人は2人いて・・・

一人がおばちゃんで、ビルがたつことにより思い出の富士山が見えなくなるということで建設反対運動をしていました。

ある夜に工事の作業員が建設反対の看板を取り外し、そこにおばちゃんがクレームをつけに行ったら、弾みで作業員が転倒して死んでしまった事故だったというもの。

青い猫の犯人は、別にいて警備員のおにいちゃん(瀬戸利樹)でした。

ドラマ「メゾンドポリス」3話 の評判と口コミ

ドラマ「メゾンドポリス」3話 のあらすじ

柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。猫の死体に青いペンキがかけられており通称「青猫事件」と呼ばれていた。 刑事課長の新木(戸田昌宏)からこの事件の捜査をメゾンに回すよう指示されたひより(高畑充希)は事件のあらましを説明するが、当のおじさまたちは全くやる気を示さない。そこに区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)がやってきた。青猫事件を誌面で取り上げたところ犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれずメゾンに相談に来たのだという。すると藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で青猫事件の捜査をすることに。 その夜、ひよりはあきれながらも事件現場を訪れる。しかしそこで、猫の死体でも犯人でもなく、なんと青いペンキがかけられた人間の死体を発見してしまう。遺体発見の報を受け臨場した新木課長は居合わせたメゾンの先輩たちを露骨に煙たがる。そして嫌味を言われた夏目(西島秀俊)は、殺人事件は任せるが青猫事件のホシはこちらで追うと宣言する。 しかし、署に戻ったひよりは新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられ…。
あらすじ|TBSテレビ 金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』